第44話《Purpose of life〜あなたの生きている目的〜壱》

しばらく空いてしまいましたが、これを含めていよいよあと3話!今年中に終わらせるぞ!
頑張って執筆中です。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

ここは山と海に挟まれた、とある田舎町。 
町の中心から続く県道をしばらく走り、トンネルを抜けた先の小さな住宅街の一角。
地域の人に”イヤシロチ”としてこよなく愛されている鍼灸院がある。
その名も『鍼Go!堂』
ここで働いているのはたったの2人、どこか抜けているが患者の信頼は厚いGo院長と、立派な鍼灸師を目指す弟子2年目のまめちびだ。
おや?今日もなにやら会話が聞こえてきましたよ? 
早速聞き耳を立ててみましょう。

 

Go: 生まれてきた目的とか人生の目的とかってなんだと思う?

まめ:先生が言いそうなことは、70億それぞれの目的、があるんじゃないですか?

Go: 正解。
今回の話はその70億の根本にある基本的なもの。

まめ:根本にあるもの…なんだろ?

Go: すごく簡単に言うと人の生まれてきた目的は”感動すること”なんだ。

まめ:感動?はぁ、、はあ?

Go: 辞書には”ある物事に深い感銘を受けて強く心を動かされること”
なんて書いてあるが、これは素晴らしいことや音楽を聴いて感動するといったものだけではない。
「感じ動く。」
人の行動は全て感動に突き動かされている。
怒りも悲しみも、毎日髪型をセットするのもキッチンの排水溝の掃除をするのも感動により突き動かされている。
人は皆ある程度どんな感動体験をしたいか、決めて生まれてくる。
皆魂レベルで自分が選んだ人生を何の狂いもなく生きている。
まめちびが今、キャビンアテンダントでもなくスーパーのレジの店員でもなく学校の先生でもなく、ここにいるのはまめちびが感動につき動かれた結果なんだ。
信じようが信じまいが誰しも自分の生きたい道を完璧に進んでいる。

まめ:少し前までは、人生不公平だって不満言ってたけど、今は不思議と納得できる自分がいます。

Go: この話は病気すらも例外ではない。

まめ:少し分かり始めてはいるけど…でも実際に自分が病気になっときにそう思えるか…
それに母や近しい人たちが病気になった場合、どうしてあげればいいのか、どう声をかけてあげればいいのか、自分がどう考えてどう動けばいいのか、何かアドバイスありませんか?

Go:ん〜…
特にない。 

まめ:Σ( ̄ロ ̄lll)

Go: ある人は病院に行って治療する。
ある人は鍼治療をする。
ある人は生活改善をして、食事を見直す。
ある人は病気になって、私にとってこの病気の意味はなんなのだろうかと自問する。

前回言ったように病気によって生活や心などになんらかの変化が、半ば強制的に起こる。
それによって皆感動を得て、なんらかのアクションを起こす。
環境、心境、人生の全てに嫌が応にもなんらかの変化が起きる。
それだけなんだよ。
それが病気の醍醐味なんだよ。
どんな選択をしても、それは自分が望んだことで、どんな感情を抱いても人はそれを経験するために生まれてきてるんだ。
あとである人の具体的な例を出してみよう。
ところで最初の方で趣旨の話をしたとき何言ったか覚えてるか?

まめ:ああ、この物語の趣旨は”屁のつっぱりはいらんですよ”ってことですよね。

Go: あ、うん、ちょっと違うけどその辺りの話のときね。
『病気なんて気にすんな、好きなように生きればいいじゃん、なるようにしかなんないんだし』、なんてことも言った。

まめ:あの時は冗談だと思ってました。

Go: これまで話してきたように全ては陰陽のリズムで、全ては宇宙のダイナミックなバイオリズムの中で、全ては完璧なんだ。
人は例外なく、望む世界を驚くほど完璧に作り上げている。

まめ:完璧だということを認めるか認めないかは自分次第ってことですね

Go: そう、完璧じゃない理由はいくらでもこじ付けができる。
しかしこの本質を少しでも理解すると世界が違って見えてくる。

まめ:でもどんなにそういうことを知ったとしても、病気に対する不安や恐れが全くなくなることはあるんでしょうかね?

Go: 残念ながら人間やってるうちは恐れや不安が全くなくなることはないと思う。
だからこそ、これまで話してきた病気の本質や私の伝えたいことのエッセンスを感じ取ってもらえれば、病気に対する意識や思い込みも変わり、これまでの恐れや不安とは全く別物になるだろう。

まめ:病気の本質…みんながこのことを知れば医療が、いや世界が変わるかも知れませんね。

Go: 細かいことを言うと「病気の本質を知れば」ではない。
”世界が変わること”と”もっと人が自分らしく生きれるようになること”、”病気の本質を知る(理解する)こと”は比例していくもので、どれか一つだけ先行することはないだろう。

まめ:ふ‥深い。

Go: それを踏まえて病気になった本質を改めて問う。
食べ物のせいでも、過労のせいでも、睡眠不足のせいでも冷えのせいでもない。

事故でムチウチになったのは、自分が居眠りしたことが原因でも、相手の居眠りが原因でもない。
ではこの現象はなんなのだろうか?
はい、一言で言うと?

まめ:ちょ!無茶振り!しかも一言って…

〜・〜・〜・次回へ続く〜・〜・〜・

2件のコメント

    1. 嬉しいな、急かしてくれるのは甲専さんくらいですよ。
      締め切り間近の漫画家くらい頑張ってます。でもまだとっちらかってまとまってません(T . T)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。