satochan先生と呼んでくれる浦和の母

satochan先生へ 

鍼灸院の開設おめでとうございます。
私がsatochanに一番感謝することは、 「小林正観」さんのことを教えてくださったことです。
はじめはブログで、一億円札?のことを読んだことだったような··· 
その時は遊びのグッズぐらいにしか思いませんでしたが(^_^;) 
そのうち鍼灸院に置いてある正観さんの本をお借りして読んだり、 自分でも何冊か購入して読むようになりました。
正観さんの考え方に強く共感を覚えたこともそうですが、 私にとってはsatocyanのように若い方も、 このような本を丁寧に読んでいるという事が、かなりに刺激でした。 
しかも実践されている!「ありがとう」やトイレ掃除等々。 
齢をとって経験を重ねていくということは素晴らしいことですが、 人って年齢だけではないのだわ~!とはっきり自覚できましたよ(^.^) 

奄美大島は遠いですが、satochanファミリーが暮らすかと思うと 身近に感じ始めています。
行こうかな~(^_^)v 午後に診療に参ります。
奄美に行く前に私の膝痛を治してから行ってくださいな!!(^_-)-☆

>あんあるさんへのコメント

メッセージありがとうございます。
嬉しいですね~あんあるさんとは長い付き合いになります。
基本は院長が担当していますが、私の初期の頃から成長を見守っていてくださり、たまに私も治療させてもらってます。
ちなみにsatochanと呼んでいただいていますが、これは以前のブログでの名前が「satochan」だったことが始まりです。(「あんある」もブログのペンネームです)

一億円札と書かれていますが、一丁円冊のことですね。
これが何かと言うと、小林正観さんが豆腐を一丁持ってる絵が書かれたダジャレの一丁円札を頂いたので財布に入れてたことあったんですね。
以前8万円ほど入った財布をなくしてしまったことがあったのですが、見つかった時には全て抜かれていたけど、一番価値のある一丁円札だけは抜かれていなかったと笑、そんな内容のブログを書いたことがあったんですね。
それがきっかけであんあるさんが正観さんを知ることができたと思うと、8万円も無駄ではなかったですね(笑)

「年齢だけではないんだわ~」と言う、あんあるさんの柔軟でピュアな心が素晴らしい。
このメッセージをいただいた後来院されて「あ、先生、そういえば私鍼のこと全然書いてないわ」と。
確かに!あんあるさん!頭痛で急遽来院され、バッチリ治ったこととか書いてください!

それはともかく私が治療を始める前から、見守って成長を見届けてくれたあんあるさんには一生頭が上がりません。本当にありがとうございました。
そして是非ご夫婦で奄美に遊びにきてくださいね~♪

後日談です。
最後に「膝痛を治してから(奄美に)行ってくださいな」、と強烈なプレッシャーをかけられている私でありますが(笑)、この後実際治療をしました。
その後来院され
「satochan!ヒットよ!痛くないわ!!卒業を認めてあげる!」
ホッと胸を撫で下ろしました。
まだ疼く感じは残っていましたが、痛みはなくなったとのこと。

いつも思います。
患者さんに腕も心も育ててもらってるんだな、と。
あんあるさん、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。