受付カウンター3

DIYやってる皆さん、木材ってどこで購入してます?
私はこれまでの人生木材なんて一度も買ったことがなかったので、木材を手に入れるまでに結構苦労しました。
まず木材の種類ですが、一般的にほとんどのDIY愛好家は、2×4など規格されたSPF材をホームセンターで購入しているようです。
※SPF材(SPRUCE(スプルース・えぞ松)、PINE(パイン・松)、FIR(ファー・もみ)の3種が混合したもの)
寸法の規格がきっちり決まっているので、図面を書くときにも作るときにも非常に楽。
これを利用すればそんなに苦労しなくて済んだのですが…
このいわゆるSPF材(ツーバイ材)は海外から輸入された成長が早い安価な木材で、使いやすいのですが…杉さんの方が自分らしく生きてて優しさとぬくもりがある気がするので(なんのこっちゃ)、極力杉を使いたいと思いました。

とはいえ、何しろ木材屋さんで4メートルの木材がずらっと並んでるだけ…値札も何も書いてありません。
厚みや幅の規格が色々とあるようで、木材屋さんと相談し帰宅、図面とにらめっこを数回繰り返しました。
各パーツの寸法がどれくらいか計算し、この厚みの4メートルが何本、この幅の4メートルが何本、必要な本数が決まりやっと購入です。

木材屋さんではあくまで購入のみ。
その後購入した木材を木工屋さんに持って行ってもらいます。
ここでは寸法通りにカットしてもらうことの他に大事な、機械によるかんな掛け(プレーナー加工)を行います。
そしてやっと木材が手に入り、少しずつ作業を進めていて本来なら作業工程を記事にしていく予定でしたが、とにかく遅れっぱなしだったので、作業を優先することにしました。

 

工程1 垂木で骨組みを作る

img_1706
img_1709

もひとつ横のもくっつける。イメージ伝わりますか?
完成図↓
スクリーンショット 2016-02-22 18.09.03

工程2 骨組みに縦に板を貼り付け(ビス留め)

隙を見て少しずつ作業を進めました。IMG_1726

写真ではあっという間に進んでいるように見えますが、工具を使うのも全てが初めてなので右往左往四苦八苦しています。

img_1742いい感じです。でも板の方向や裏表が全然わからず適当に貼り付けてました。
たまたま患者さんで建具屋さんがいらっしゃったので、相談してみるとだいぶ間違ってました(笑)まあ素人DIYということで失敗しながら覚えていきましょう。
いや、人生失敗なんてないんだ。
しかし杉は相当変形しますね。
写真では伝わりにくいですが、結構ガタガタです。
これも建具屋さんに相談し、裏に桟を入れる方法で解決しました。

続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。