《患者様の声》〜治療家と患者である前に「人対人」である〜

患者様の声

《胸喉の違和感、肩こりと違和感》
東京都在住匿名様

IMG_1903
私は電車で一時間半かけて先生のところへ通っていたものです。
新郷先生のお顔は、マスクより上しか拝見したことがありませんでしたが、私の中では忍者ハットリくんのイメージが…(笑)
先生には精神的な教えをいただいたり、わがままを聞いていただいたり、とにかく患者側に寄り添い考えてくれる先生のお気持ちにとても救われました。
とにかく医者という立場の方々は、上から押さえつけて私の話に耳を貸さない方が多いという印象が強く、何度がっかりしたかわかりません。
でも新郷先生は、おごることなく私の話を受け入れて聞いてくれました。
一言で言えば、「信頼できる人」だと言えます。
あえて、お医者さんと書かず、人にしたのは、まずお医者さんという肩書の前に、一人の人間であるということをわかってくれる先生だからです。
残念です!!遠くへ行ってしまいました〜〜(泣)
 
ただ厳しいことを言わせてください。
鍼灸の世界、果てしなく奥の深い神秘の世界です。
世界一!の名医になっていただきたい!!世界一です。
その時は東京から飛んでまいります!精進Go!!
 
>匿名さまへのコメント
直筆のお手紙ありがとうございます。
ハットリくん!?その発想さすがアーティストの想像力!…とはいえそれは喜んでいいのでしょうか(笑)
 
私の治療スタンスが間違ってなかったんだ、このままでいいんだと思わせてくれる、私としてはとっても嬉しいお手紙でした。
まさに私はそういう治療家になりたいし、治療家と患者である前に、やはり「人対人」であることを大切にしたいと常々思っています。
お手紙には触れられてはいませんが、匿名様の元々持っておられた症状、その都度出てきた症状はそれぞれ治癒、または改善されかなり元気になっておられます。
 
世界一…
ハードル高!
世界一にはなれませんが、でも自称奄美で一番、心身が癒されて居心地の良い鍼灸院です。
ぜひ飛んできてください^^
そして愛の込もった激励がとっても嬉しい!
ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。