【治療日記】妊娠前後全てに携われること。

妊娠のための体づくり・肩こり・坐骨神経痛・疲れやすい・冷え性・下痢軟便・頭痛

1年半前から妊娠のための体づくりとして通院いただいておりましたO様が赤ちゃんを連れてきてくれました。※2016年7月某日初診時、二回目の流産の処置をされた後の辛い時期に来院されました。
その後数ヶ月かけて鍼灸治療と生活改善をしながら、約半年後にはタイミングだけで妊娠することがきました。
その間様々な症状はかなり改善、または全く出なくなったことも喜んでおられました。

妊娠はしたものの、これまでの二回心拍まで確認後の流産を経験しています。
しばらくは安心できない日々が続きましたが、順調にお腹は大きくなり出産まで至ることができました。
出産は難産でしたが、自然分娩にて出産できました。
しかし出産でかなり体力を消耗、これは東洋医学的に言うと”腎”をかなり消耗したようです。
産後の肥立ちと言って、これからの健康に大きく関わってくる時期ですから、退院と同時に来院してもらって早速産後の鍼灸治療を始め、今は母子ともに元気に過ごしてらっしゃいます。
浦和での私の治療はできなくなりましたが、妊娠への体づくり、妊娠中、産後、すべてに関わらせていただいことは私にとってとても光栄なこと、同時に自分の仕事が素晴らしいものだと改めて実感させてもらってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。