【患者様の声】最後のチャンス、奇跡の妊娠

浦和で2年半の間担当していた患者様から、写真ともにとっても嬉しいメッセージが届きました。

新郷先生 ご無沙汰しています。

浦和でお世話になりましたY・Iです。
1/27に2835gの男の子を無事出産しましたので、ご報告です。

自然妊娠で2回流産してからなかなか妊娠できず、藁にもすがる思いで鍼灸の治療を始めたのが2014年の1月でした。
それから2年半、体外受精へのステップアップや不育症の治療を経て、6回目の妊娠でやっと出産までたどり着くことができました。
先生が小泉漢方堂をお辞めになる時はつわりの真っ最中で弱りきっていましたが、その後は大きなトラブルもなく出産まで至りました。
38歳で不育症治療をしながらの高齢出産でしたので、何かあるかもと覚悟していましたが、妊娠経過が順調だったのは鍼灸治療のおかげです。

新天地での益々のご活躍を遠い場所よりお祈りしております。

>I様

最初に来られてから、2年半の鍼灸治療を行ってきたI様との歴史を思い出すと、本当に言葉に表せない思いがあります。

自然妊娠で2回流産、その後私の治療と同時に体外受精を始めましたが、着床までいくものの3回の流産を経験されてきました。

そんな中いよいよ私が前院を辞めるタイムリミットが迫ってきました
私にとっては浦和で最後のチャンスでした。
「2年半週に一度のペースで通ってくれたのに、上手くいかずに終わるのか…
これまですべて流産…上手くいくことがあるのか…」頭をよぎります。

ところが奇跡が起きたのです。
これまで何度も流産という辛い体験を重ね、私が治療に携われるギリギリのタイミングで妊娠を継続することができました!
これは一生忘れることができない感動的な出来事でした。
ただ、安心できる時期までは内心ヒヤヒヤでしたが…

I様ご夫婦もよく頑張りました。
辛いつわりが長く続き、その最中に私が辞める日を迎えましたが、もう流産の心配をする時期をある程度過ぎていました。ホッ…

この妊娠のタイミングを逃したら、私は奄美へ移住してからも心残りになっていたかもしれません。
2年以上もの間、上手くいかない現状に通常だったら私の元を離れていくでしょう。
何があっても必ず来てくれたI様、私の方こそお礼を言いたいです。
ありがとうございます。

可愛いSくんの健やかな成長を心よりお祈り申し上げます。
感動をありがとうございました。
いつか少し大きくなったSくんと一緒に奄美に遊びに来てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。